*********************
「もしもし!」で簡単につながる
〜一本の間違い電話が結んだ中東の太い絆 〜
*********************

ニューステイツマン(英国) 
2003年4月28日 月曜日

マイケル・ボンド

2000年11月のある日、ナタリア・ウィーゼルティアはテルアビブの
友人宅に電話をかけようとしたところ、違う番号にかけてしまった。
しかしそれは彼女が犯した間違いの中で最も素晴らしい間違いだった。
その電話はガザに住むパレスチナ男性のもとにかかってしまった。
イスラエル・パレスチナ関係はここ数年で最悪の状態にあったが
相手の男性はヘブライ語が多少話せたので電話を切る代わりに二人は
話し始めた。

さらに電話番号を交換すると、翌日彼女は男性の兄弟と叔父とも話した。
彼らはウィーゼルティアの電話番号をラマラとジェニンにいる友人に教え、
彼女も彼らの電話番号を自分の友人に教えた。

二年後、それは中東紛争から生まれた希望と和解の胸を打つ物語の一つとして
結晶する。ヴィーゼルティアと友人のコーエンはフランケンタルと会った。
フランケンタルはユダヤ教正統派で、息子を1994年にハマスに殺された。彼は
戦闘で身内を失ったイスラエルとパレスチナ家族との間の会話を促進するための
家族討論会を催している。三人はさらに大胆なことを企画した。

「ハロー、サラーム!ハロー、シャローム!」と銘打ったホットラインが10月に
開設され、これまでイスラエル、パレスチナ領土全土から8万人以上の人々が
この電話を利用した。利用者は難民キャンプから裕福な人の住む郊外まで、至
る所に住む人々だ。通話時間は合計で30万分以上に及んだ。

「ホットラインで話をし、電話を切ってそれっきりにしておくことも、電話番号を
交換して『ハロー、シャローム!システム』を超えた関係を築くこともできます。
何千人もの人々がそうしてきました。」とコーエンは言う。

「イスラエル人は自分勝手で、ここで起きてる事を理解してないか、あるいは理解
したくないのだと思っていました。でも私が間違っていました。何よりも彼らは人間
なのです。」とパレスチナの学生アズマールは語る。

これはハロー、シャローム!がいかに向こう側について人々が抱く認識を変えたか
を表しているとコーエンは言う。強硬政治やお互いに対する疑念のせいで、特に
パレスチナ領土では「敵」と話す行為はひんしゅくを買い、協力者だと疑われたら、
頭の後ろに弾丸を一発食らうことになる。

このホットラインの成功は、平和活動家が主張するパレスチナ人とイスラエル人との
草の根の接触が復活したことを物語っている。彼らの多くは政治指導者と和平達成
への失敗にうんざりしてきている。フランケンタルはこの復活を利用し、数人のイスラ
エルの高官だけではなくアラファトを説得し、平和への第一歩としての「停戦」合意
書の草案に署名 させることができた。彼の計画はエルサレムで双方から250人の高
官に宣言に署名させ、ブレア首相に国際的な調停者として立ち会ってもらうことだ。

英国政府は明らかにその提案を検討している。 「これは政府ではなく、草の
根から来ているのです。」と彼は言う。

一方で、その目的は一般の人々をお互いに話し合わせることだ。
「イスラエル人と話しているときは、パレスチナ人と話しているように感じます。」
とアズマールは言う。


(抄訳:長田幸子/TUP翻訳チーム)

I just rang to say, ''Shalom!''
New Statesman 2003年4月28日 月曜日 マイケル・ボンド

http://www.newstatesman.com/site.php3?newTemplate=NSTemplate_NS&newTop=Secti
on%3A+Front+Page&newDisplayURN=Section%3A+Front+Page


★ショーほどすてきな商売はない

 戦争の苦しみはまだ終わってはいない。これは、バグダッドの病院で治療に専念する
マシャダーニ医師の証言だ。

「爆撃で重症をおった5歳の子供がここに運び込まれました。彼の4人の兄弟はみなそ
の爆発で死にました。数日後、父親がその子を引き取りに来ました。『病院で苦しむよ
りも、家で静かに死なせてあげたい』とその父親は言ったのです」

「両腕を失って、米軍によりクェートの病院に運び込まれたアリ君が、西欧で美談にな
っているそうですね。でもイラクには、重症で苦しむ数えきれないほどの子供たちがい
ます。一人の少年患者だけを新聞やテレビで追いかけるなんて、それはただのショービ
ジネスです」

           (抄訳・パンタ笛吹/TUP翻訳メンバー)
          
http://news.independent.co.uk/world/middle_east/story.jsp?story=399791

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー